2017年07月30日

おおさか東線103系電車動画〜遮断音が鳴り響く!?

7月26日に続いて、おおさか東線をもう一つ。
今や国鉄絶滅危惧車?の一つ、103系EC。その姿を動画で音も入れての保存です。
15秒くらいに、ノッチOFF遮断時の音「コンッ!」(ポンッともポコッとも言われるが...)が、撮影名所?「スカイランド」の壁に当たって響いてるところです。(笑)

ちなみに、この「スカイランド」は、おおさか東線開業時に鉄道雑誌で紹介される前に、2007年に本ブログでご案内させていただいた場所です。
シャッター音が入ってるのはごめんなさい。こんな写真を撮りました。
DSC00015.JPG
絵も音も貴重になってゆくのですね...
posted by 労軽好人 at 17:58| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

おおさか東線、関西本線撮影記〜久々のあべのハルカス夕刻シーン

昨年、数回にわたってあべのハルカスへの日没シーンを撮影しましたが、去年6月2日以来のJRの夕刻シーンです。
場所は、おおさか東線と関西本線を越える道路の、大阪中央環状線の陸橋からです。
まずは、おおさか東線の新加美ー久宝寺。
DSC033.jpg
ちなみにこの写真、タテに切ってもいい。
DSC33.jpg
今日の大阪の日没時刻・方位は、19:04、294°ですが、撮影時刻は18:52です。
次は、この両サイドの地上を走る、関西本線加美ー久宝寺です。
DSC51.jpg
あべのハルカスによる、「日食」シーンです。昨年の平野駅でも経験しましたが、太陽があべのハルカスの後ろに隠れると、あたりが急に薄暗くなります。
ここは金網越しになりますが、見渡しやすい場所で、おすすめです。
posted by 労軽好人 at 23:52| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

神戸電鉄有馬線撮影記

梅雨の晴れ間の今日、神戸市北部に向かいました。神戸市立森林植物園に紫陽花を楽しみに行くためです。
新開地から乗車し、北鈴蘭台まで行くのですが、新開地ー湊川の一駅間は神戸高速鉄道だということです。(運賃表を見ていてお恥ずかしいながら初めて知りました。)
それはさておき、途中、鵯越(ひよどりごえ)という、源義経の伝説のある場所を通過するので一度は降りてみたかったので、撮影のため降りてみました。
急峻な地形ゆえに撮影に適した場所が少なそうな同線ですが、駅からもこのように急坂の雰囲気が楽しめます。
おまけに、ロングベンチもあります。(笑)
DSC46.jpg DSC87.jpg DSC58.jpg
周辺は蝉時雨が早くも鳴り響く、もう夏本番でした。
さらに、北鈴蘭台駅からもこのような写真が手軽に撮れます。
DS233.jpg
途中の鈴蘭台駅は学生で意外な程?賑わっていて、さながらかつての地方中小鉄道の乗り換え駅を連想させるものでした。
神戸という特殊な地形の中にあり、独自の味がある神戸電鉄は大手とは違う魅力があります。
また、じっくり攻めてみたいと思いました。
posted by 労軽好人 at 23:56| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

近鉄道明寺線、南大阪線、田原本線撮影記〜遅咲きの桜はいかに?

遅くなりましたが、昨日(2017年4月6日)のご報告です。
今年は桜の開花が全国的に遅く、近畿地方は平野部でもまだ満開ではありません。今週末くらいといわれますが、お天気が...なので早めの撮影が必要です。
昨日は、昨年に悪天候の中で撮影した、近鉄南大阪線、田原本線をメインに撮影に行きました。
その前に、ちょっと道明寺線の大和川鉄橋に立ち寄り。最寄りの柏原南口駅近くで、二上山を例によって?バックに撮っておきました。しかしこのとおり、高圧鉄塔が目障りになってます。もう少し工夫がいるようです。
DSC5.jpg
このあと、南大阪線高田市に移動。尺土とのあいだにある、高田川鉄橋に行きました。訳あって?お得意の場所です。(笑)
DSC19.jpg DSC37.jpg
ご覧のように、満開近い桜に埋もれる感じで撮れます。普通に撮ってもいい場所ではありますが、このように一味違う撮り方もいいのではないでしょうか?ただし、かなり高速に通過しますし、踏切音はしますが、特に左の尺土側からは、突然飛び出すのでかなり撮影は難しいです。
当然のごとく、「青の交響曲(シンフォニー)」を狙っていたのですが、桜の季節は運行ダイヤが変わっていて、撮影できず失敗しました。(実は桜の木と列車をバックにスマホで自画撮りしてたのですが、見事にその時に通過してしまいました。なので桜、菜の花、青のシンフォニーの自画撮りあります。(笑))
このあと、昨年も訪れた田原本線箸尾へ移動。こちらも高田川の鉄橋です。
DSC69.jpg DSC80.jpg
こちらもあとわずかで満開の桜。地元の人たちが宴もたけなわでした。
天気が午後から怪しくなってきたので、どうしようかと考え、とりあえず?橿原神宮前駅に行ってみたところ、その嗅覚!?は当たりでした。「青の交響曲」(ブルーシンフォニー)が0番乗り場に停車中でした。
この橿原神宮前駅の0番線は、吉野方からの狭軌線が行き止まりの広軌線を挟んで東側に入ってくる乗り場です。
京都、奈良方面から到着の列車から同じホームで狭軌線の吉野方面行きに乗車できる便利な乗り場なのですが、あまり使われないのではないかと思います。(推測です)
むしろ大阪線の五位堂に検車に出す際に台車履き替えのために使われる線といえるでしょう。そんな0番線からの青のシンフォニー発車シーンを撮れました。(14:20)
DSC114.jpg
後方に電動貨車や、広軌特急車が写ってます。運転手の指差し確認もかっこいいですね。
posted by 労軽好人 at 16:52| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

近鉄大阪線撮影記〜二上山「ふたこぶ」の間に沈む夕陽

久々の撮影記です。
過去何度も撮影した、近鉄大阪線松塚駅付近での二上山日没シーンです。
結論からいうと、今回は途中までは良かったのですが、クライマックスが...微妙です。
DSC023.jpg DSC056.jpg
ご覧のとおりです。
春独特の霞深しの気候ゆえか、1枚目は日差しが適度に遮られ、綺麗な○が出たので、「これはイケるかも」と思ったのですが、ここまででした。雲の中に太陽が隠れてしまい、最後だけ辛うじて「赤く大きい太陽」(雲がなければ最高の...、過去に目撃だけしてしまったことのある!?)がちらりと見えました。残念!
しかしまあ、この日が、二上山「ふたこぶ」の間に沈む日とわかったのは成果でした。
本日の奈良の日没時刻は18:16、方位275°です。2枚目の撮影時刻は17:57でした。なお、この直前に鮮魚列車(17:48)としまかぜ(17:54)が通過しました。余計に悔しい!また、次回ですね。
posted by 労軽好人 at 23:59| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

叡山電鉄鞍馬線撮影期〜墨絵の銀世界

めっきり寒くなりました。そして京都に雪の予報。これは行くしかありません...
ということで、叡山電鉄鞍馬線に行ってきました。予報どおりの雪が京都市内中心部でも降っていました。でも積もってない。これはハズレか!?と、出町柳駅に京阪電車で降り立ったときには思ったのですが、多分、山の方ではもっと降ってるに違いないと経験的に楽観視しました。
その結果は?やはり予想どおりでした。市原付近まではほとんど降ってはいても積もってなかった雪も、二ノ瀬、貴船口、鞍馬と上がって行くにつれて激しくなります。順にご覧いただきましょう。
まずは二ノ瀬ー貴船口のカーブ。ここは以前に大雪のあとの雪晴れに行っただけに、その好印象があるため期待したのですが、このとおり。ちょっと物足りませんでした。
DSC00009.JPG
でも若干は墨絵風ですね...
次は貴船口の手前、朱色の欄干の橋付近からのショット。
DSC00039.JPG
やや露出オーバー目に撮ると、いい感じが出ます。通い慣れたエイデン。こんな時はテクニックでカバー?しましょう。
貴船口駅付近での撮影が良く見かけられますよね。特に、鞍馬駅側は秋の定番でよく見かけます。
しかし今回は墨絵風がテーマでしたので(いつのまにかテーマになった)、どうも障害物が多い貴船口の付近では思ったように撮れません。二ノ瀬から歩いてきた私はさらに徒歩で鞍馬に向いました。
雪がどんどん強くなる中、ちょうど駅間の真ん中あたりで地面が白くなって、背景も見事なところがありました。
DSC00116.JPG
ここは今回ベストでした。綺麗ですね。
posted by 労軽好人 at 23:59| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

東北本線、烏山線撮影記〜那須連山と龍門の滝

さて、今回の旅行も最終日です。今朝も5時起きです。
まずは、東北本線蒲須坂へ向いました。朝一の美しい那須連山との組み合わせを撮るべく、闇の中を氏家方向に歩いたのですが...天気が一向に良くなりません。
道路がオーバークロスする、特急撮影地としては有名地点でしたが、那須連山はうっすらとしか見えませんでした。
SC00013.jpg
サイドからは昨日訪れた、日光の山々。
SC00023.jpg
う〜ん。薄曇りではこんなもんです。午前中で切り上げました。
午後からは、もう何年ぶり(大学卒業以来?)にお会いするかという人と、宇都宮でお会いし、昼食を取りました。「いっしょにランチでも」「いいねえ〜」(どこかで昨年聞いたことあるセリフ...)
ところが彼も鉄なので、久々に私に刺激されて?烏山線に行くことになりました。しかも彼の自家用車で。ラッキーです。一本余分に早く撮れた、滝ー烏山のこの作品(龍門の滝)が今回の一番のお気に入りとなりました。
SC00051.jpg SC00060.jpg
国鉄塗装、JR塗装のキハ40はやはり映えますね。
posted by 労軽好人 at 21:39| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

JR日光線、東武鉄道日光線撮影記

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
さて、今日も撮影旅行の続きです。
宇都宮を日光線の朝一で出て、まだ薄暗い今市下車。今市ー日光で撮影です。
SC00020.jpg
初日の出の朝日を受けて、真っ赤に萌え上がった!?日光の山々と日光線。美しい一瞬の姿です。
午前7時台を過ぎ、8時台になると、次第に色が変わってきます。
SC00093.jpg
美しい風景が残るこの場所も何度も訪れたくなるかもしれません。
代わって、東武鉄道日光線です。この場所から一番の最寄駅は東武鉄道上今市ですが、こちらは駅構内の陸橋から撮れます。ただし、目の細かい金網越しです。小レンズのスマホの出番(笑)です。撮影したものをトリミングしました。
IMG4157.jpg
あと、下今市の駅陸橋からも撮れます。こちらはガラス越し。まあ、仕方ないですね。
SC00116.JPG
あと、鬼怒川線下今市ー大谷向の鉄橋にも行ってみましたが、列車内からは見えるものの、適当ないい場所に入り込めず撮れませんでした。
午後は思い切って、日光観光に切り替え。華厳の滝、中禅寺湖、東照宮等、定番を見てきました。
posted by 労軽好人 at 23:22| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

東武鉄道撮影記〜浅草隅田川と東京スカイツリー別アングル

さて、今年も今日で終わりです。どんな1年でしたか?
私は例によって、年末年始の撮影旅行です。今回は東京経由宇都宮連泊です。
まずは、今日の成果から。
東武鉄道の浅草の隅田川鉄橋ですが、カモメが舞う情景は外国人観光客にも人気でした。
DSC29.jpg
3年前の前回も隅田川の川辺で下から撮りましたが、如何せん鉄橋のトラスが邪魔です。どこからか、上から撮るところはないかと考えていたものです。
しかし、よく考えると浅草駅の上にある東武百貨店(?)の屋上はどうなんだ?と考え、行ってみました。
「駅見世」と称する商業施設になっていましたが、建物は重厚な造りです。
DSC60.jpg
期待して屋上に上がると、鉄橋を全ては見渡せませんが、ご覧の通り夕陽に輝く東京スカイツリーと東武鉄道が撮れました。
DSC74.jpg
相変わらず美しい景色でした。撮影地はよくよく考えないとね。
このあと、東武特急スペーシアに初乗車。宇都宮に向かいました。
posted by 労軽好人 at 22:19| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

阪急淡路駅とEH10保存機、JR山崎駅など〜昭和の匂い

3日に京都鉄道博物館に訪れたことは、昨日の記事でお伝えしましたが、その前に立ち寄った場所がありましたのでそれもお知らせいたします。
それは、高架工事が進む阪急京都線(千里線)の淡路駅です。
DSC29.jpg IMG3968.jpg
ご覧のように、駅のそばですでに高架ができています。この駅は京都線と千里線が交差する乗り換え駅でいつも人で賑わっています。そしてひっきりなしに両線の列車が到着しては発車して行く場所です。そのつどポイントを切替え次々に出て行く姿は芸術的ともいえます。しかしこの光景も高架になれば変化してしまいます。
DS17.jpg DSC55.jpg
古くからある線路下の地下道や付近の商店街と一体化したような駅のつくりは、「阪急の駅」を私に感じさせます。それが消えようとしています。改めて記録しておかなければと思いました。
IMG3937.jpg IMG3971.jpg
ここに立ち寄ったのは、他に理由があります。この駅からさほど遠くない、東淡路南公園という小さな公園になんと、EH10型電気機関車が保存されていると聞いたのです。それも屋根付きで。
SLならともかく、ELが普通の小さな公園で保存されてるとは驚きです。しかしEH10なら、このあと訪れた博物館入りしてもいい歴史的価値のある車両です。(実際展示で紹介されていました)
IMG3959.jpg IMG_3957.JPG IMG3952.jpg
車両は金網に囲まれているのと、この日は祝日で、隣の教会でイベントがあり、ご覧の通り自転車が周りを取り巻いていました。ちょっと撮りにくかったですが、なんとかスマホを金網の隙間に当てて撮りました。
このあと、隣駅の上新庄近くの地元有名とんこつラーメン店(外まで並んでいた)でこってりと食事し、
IMG3992.jpg
大山崎からJR山崎へ徒歩連絡。
この山崎といえばカーブが昔から撮影地として有名ですが、駅は極めて静かでひっそりとしています。
ここでも昔の東海道本線を感じることができました。昭和レトロな駅です。
IMG3999.jpg IMG4007.jpg IMG4009.jpg
静かな空間いいですね。
posted by 労軽好人 at 17:02| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

四日市港の貨物線可動橋動画〜跳ね上げシーン

関西本線四日市港(四日市駅の扱い)にかかる「末広橋梁」は国指定の重要文化財に指定されています。
DD51牽引の貨物列車が来るたびに跳ね上げ式に上下させる珍しいものです。
昨日の記事でも紹介しました通り、跳ね上げシーンを撮影してきましたのでご覧いただけます。
1分足らずですが、最後にワイヤーが跳ねるのがちょっとだけ面白い?
DSC00158.JPG
*ダウンロード方式を止め、YouTubeにアップしました。
posted by 労軽好人 at 23:58| Comment(6) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

関西本線貨物線でのDD51撮影記〜可動橋と重連と

今日は中京地区に出向きました。もはや全国唯一となったDD51機関車の定期貨物列車を捉えるためです。
とりわけ、今回は四日市港の可動橋を行くセメント運搬列車と、通称塩浜線と呼ばれる四日市〜塩浜の区間を狙いました。
まず、四日市港の可動橋ですが、末広橋梁と呼ばれ、重要文化財に指定までされています。
IMG_3796.JPG DSC0186.jpg DSC0206.jpg
面白いのは、列車通過の少し前になると、職員の方が自転車でやって来られてその都度橋を警報音とともに下げられます。(上げる方も同様)
塩浜線の方は、DD51がよく似合う?非電化線区なので今回は特に重視しました。(電化している本線上が別に気に入らないのではありませんが、ローカルムードがいいですので)
DSC0112.jpg DSC144.jpg
1枚目の重連は午後でやや逆光気味ですが、近鉄海山道駅北側の跨線橋から上下とも安全に撮れます。
2枚目の方は、塩浜から四日市への途中にある橋の、少し勾配のある区間です。エンジンの唸りが聞けます。
雑誌でも最近よく紹介されていますので、あまり詳しく述べる必要もないのですが、特筆すべきは、自動車のない人への交通手段です。JRと近鉄の各四日市駅では「こにゅうどうレンタサイクル」という1日わずか120円で貸してくれるサービスを市が率先して行っているということです。ここでは近辺をマメに動かれる撮影になると思いますので、ぜひオススメです。
(おまけ)
今回ついでに名古屋へ行き、「リニア・鉄道館」にも立ち寄ってきました。あおなみ線も初乗車です。
目的は、富士フィルムの「3万人の写真展」の鉄道のある風景部門の展示を見ることです。(もちろん一般展示も見ましたが)
DSC88.jpg
私も「労軽好人」(なので名前の順序は大阪の「ろ」です。)で出品しています。よかったらご覧ください。
posted by 労軽好人 at 23:59| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

近鉄大阪線撮影記〜ビール列車見参

今日は少し紹介だけです。近鉄では「駅長おすすめ日帰りツアー」として毎年ビール列車を運行しています。必ずしも夏だけの運転ではありませんが、夏の夕刻から夜にかけての生ビールとおつまみは好評です。
IMG3709.jpg IMG_3705.JPG
ご覧のように、昨日大阪上本町駅では、いかにも仕事帰りのサラリーマン風の方々が多数ご乗車されていました。
副標をよく見ると、キリンビールであることがわかります。8月からはアサヒビール列車も運行されるようです。
別の標識も用意されてるんでしょうね。
IMG_3707.JPG
公式HPに運行情報はあります。以下からどうぞ。
http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/ekicho/index.html
posted by 労軽好人 at 02:20| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

関西本線、阪堺電気軌道撮影記〜またしても「あべのハルカス」夕刻

本年2月11日に日本一高いビルである「あべのハルカス」の夕刻シーン(近鉄大阪線撮影記)を初めて投稿しましたが、それ以来頭から離れない(笑)ので、5月19日には関西本線の東部市場前駅からの夕刻シーンを撮影、投稿しました。その際、「他の駅はまだ調べてませんが」と書きましたが、今日調べてきました。
まずは、加美駅、そしてすぐ近くのおおさか東線新加美駅へ向かいました。しかし...
高い壁に覆われている新加美駅ホームからは、あべのハルカスをホーム端から辛うじて見る事ができますが、遠いのと方向や近くの建物等撮影に適してるとはいえませんでした。
加美駅からはまるで見えません。仕方ないので若干のスナップをご覧ください。久宝寺側は手前の踏切含めてちょっと面白い構図になる感じでした。
DSC0012.jpg
それに比べて、平野駅では跨線橋からよく見えます。架線等がガチャガチャしてるのは仕方ありませんが、広めの構内も関係して撮りやすい場所です。一番きれいな時間は短いので注意が必要です。
DSC0113.jpg
太陽が、あべのハルカスの後ろに隠れたとたんに、このギラギラが消えました。不思議なくらい暗くなり、まるで日食です。
DSC0149.jpg
この写真は絞って撮ってますので大げさですが、2012年5月21日の金環日食を少し思い出しました。
あべのハルカス夕刻シーン、まだまだ見つけていきます。
(おまけ)
新今宮での点描。まずはタイトルのとおり、阪堺電気軌道です。
DSC046.jpg
車がいない時にさっと撮るのがポイントです。しかし、車輌やビルの広告類がこの地の雰囲気に合ってます。王将もあります。(笑)
もうひとつは、JR新今宮駅のでのスナップ。どういうわけか、線路側にカバンを持ったサラリーマンの方が多かったのでこの際撮ってみました。カバンに今日1日働いた「重み」や郷愁が感じられます。
DSC0056.jpg
posted by 労軽好人 at 23:55| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

近鉄大阪線撮影記〜サミット運休で「本日は鵜方まで」表示

先進国首脳会議(G7伊勢志摩サミット)が、5月26,27日に開かれます。伊勢志摩の賢島の地で世界的課題が首脳揃って議論されます。また、その後、アメリカのオバマ大統領が広島を訪問するという歴史的な行事が予定されています。当然、テロには警戒が必要となります。陸、海、空とも警戒体制に入っています。近鉄志摩線もローカル線ではあっても例外ではありません。本日より5月28日の7時頃まで鵜方ー賢島が全面運休となる予定です。
それで、趣味的に気になるのは、賢島行き列車の行き先標です。どうなるのか?
大阪からの特急に関してはご覧のとおりでした。
DSC0007.jpg DSC007.jpg
「本日は鵜方まで」の「副票」を前後に掲示しています。ただし、側面は賢島のままです。
こうなると、あとひとつ、渡り線のない鵜方からどうやって折り返すのか?です。志摩磯部まで逆行するとか!?、賢島まで回送で走るとか予想はできますが、私は現時点未確認です。(多分後者だと思いますが)
誰か教えてください...
posted by 労軽好人 at 17:25| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

関西本線撮影記〜あべのハルカス夕陽シーン

本年2月11日に日本一高い「あべのハルカス」の日没シーンを入れた近鉄大阪線の鉄道写真撮影記を記しましたが、風景写真としてはいいが、鉄道写真としてはもうひとつという感想を自ら述べました。
それで今回は、場所探しをした上での再チャレンジです。この季節は真西より北側に太陽は沈みますが、ということは、東南東側から狙う場所を探す事になります。場所として丁度いいのは関西本線の東部市場前駅あたりになります。(他の駅はまだ調べてませんが)それで本日夕刻に行って来ました。
はじめ薄く雲がかかり今日はもうひとつか...と思ってたのですが、日没直前になってきて急に状況が変わり、ご覧のようにギラギラになりました。
DSC91.jpg DSC95.jpg
天王寺から一駅なんですが、街中なのでどうしてもビルが多くあります。また、あべのハルカス自身にも太陽は一時隠れましたが、きっちり太陽が見えた時に列車が来ました。
まあ、ラッキーでしたね。
posted by 労軽好人 at 23:59| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

南海本線、高野線撮影記〜「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ラピートなど

今日は暑いほどよい天気でした。撮影日和です。なので、南海本線の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ラピート(黒ラピ)が8日で終了することもあって撮影に行きました。ちまたでは、4月29日に開業した、京都鉄道博物館が話題になってますが、GW中は混んでいますのでまた後日にします。
さて、南海の撮影は2014年の「ガンダム ネオ・ジオン」ラピート(赤ラピ)2015年の7000系復活塗装と、毎年春の恒例行事?になってきています。
撮影方法(場所)も、お気に入りの場所に再度訪問というパターン化しています。ということで、まずは、例によって岸里玉出の「指差しGet」シーンです。
DSC03.jpg
時間帯によっては前面のガラスが反射してよく見えない場合があるので注意が必要です。
さらに、関空行きも岸里玉出で今回は撮りました。汐見橋線ホームからだと、サイド気味に「絵柄」を入れて、しかも「あべのハルカス」をバックに撮れることを発見しました。
DSC100.jpg
なんでもやってみるものです。(笑)ただこの写真、よく見ると、奥に座ってる運転手が腕を振り上げています。指差しする直前だった!残念、惜しい!!この次の課題ができました。
あと、複々線区間で特に注意すべきは、萩之茶屋駅で関空行きを撮るときです。それを「知らない人」は普通にホームの先端で撮ろうとします。「知ってる人」はなぜか後退して後ろの方から撮ろうとします。私もホーム後方から撮りました。理由はこのとおり。高野線の普通車がカブるダイヤなんです。
DSC21.jpg
あと、夕刻にはこれまたワンパターンの大和川鉄橋(住ノ江ー七道)へ行きました。2014年5月9日の記事でご紹介した、七道側の空き地には大型ショッピングモールができていました。
今回は日差しが弱かったので順光側の橋から撮影しました。2両だけですが、「絵柄」がよくわかります。
DSC112.jpg
背後には、2015年1月5日29日にご紹介した二上山が一応入ってます。(一応です...)
今回の「スターウォーズ」黒ラピは、「ガンダム」赤ラピの時のような異様なくらいの盛り上がりはなかったものの、渋く素敵な黒でした。
あと、タイトルに高野線も入ってるのは...この写真が気に入ったからです。
DSC13.jpg
1960年代の古参車輌6000系が頑張ってます。ステンレス車体が全然傷まないので昨年全廃した鋼鉄製7000系と違い、まだ廃車がないそうです。このすべての色を反射するガタガタでピカピカが何とも「南海ステンレス」を表現できてると思いませんか?
萩之茶屋でホームの後方に下がったことによる副産物です。いついかなる時にどんなレールウエーシーンが出現するかわかりませんね。
posted by 労軽好人 at 23:59| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

近鉄田原本線、大阪線、JR和歌山線撮影記〜雨中の散る桜

前回3月31日に、近鉄田原本線の箸尾ー池部の高田川鉄橋の撮影記で、「満開になれば、或いは、桜が散って花びらの渦でもできる状況になれば良さげな感じの場所でした。」と発言ましたが、今日はまさにその日でした。雨が降り、風も強く、撮影には不向きな日でしたが、そう言ってしまった手前、行かない訳にいかないと思い、確認のつもりで行ってみました。(苦笑です...)
雨に濡れ、傘がぶっ飛ぶ状況でしたが、桜の見事な絨毯ができていました。
DSC036.jpg DSC069.jpg DSC075.jpg
また、前回と見比べていただければおわかりかと思いますが、非常に増水して桜の花びらが次々に流れてくる状況です。
DSC114.jpg
天気が悪くてすばらしい写真とは言いがたいですが、この場所もやはりまた訪れたい「当り」の場所だということは確認できたと思います。
特に強い風が吹いた直後は川面の花びらが増え、その時をもっと待って撮ってみたかったのですが、今回はもうあと数ヶ所、ここの上流の近鉄南大阪線高田市ー尺土と、大阪線大和高田ー築山、そしてJR和歌山線高田ーJR五位堂の各高田川鉄橋も状況を確かめたい気持ちがあり、移動する事にしました。いずれも桜の名所です。
しかし、南大阪線は大方散ってしまってる状況で「時すでに遅し」の感があり撮影する気になれず、そのまま高田川沿いを「桜絨毯」を踏みしめながら徒歩移動し、大阪線&JR和歌山線(近接してます)まで来ました。
DSC178.jpg IMG3372.jpg
もう少し天気がよければ!というところですが、雨に濡れながらも心和む日となりました。
posted by 労軽好人 at 23:53| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

近鉄田原本線、大阪線撮影記〜桜は五分咲き、二上山も五分晴れ?

今日は近鉄の田原本線と大阪線を撮影しました。桜と二上山日没シーンが狙いです。
まずは、田原本線ですが、その前に生駒線を車内ロケハンしました。写真はないのですが、南生駒以北の竜田川沿いに桜並木が続いていました。工夫すれば撮れるような気がしました。実のところこの近鉄生駒線は遥か昔の1980年代に820系(伊賀鉄道860系として晩年は活躍しました。最後の乗車記撮影記は以前にご紹介しました。)現役のころ撮影に来たキリです。
王寺から新王寺に徒歩連絡(田原本と西田原本も)で1枚の切符で買えるのですが、田原本線はスルッと関西カードが使えなくなっています。なんとも便利なのか不便なのか...です。
それでどこで撮るのか、桜五分咲き、薄曇りの状況で迷いましたが、箸尾ー池辺の高田川鉄橋が桜が目立ち、撮りやすそうでもあったので降りて撮りに行きました。
DSC0022.jpg
同じ高田川鉄橋でも、南大阪線のそれとはかなり違いますが、やがて満開になれば、或いは、桜が散って花びらの渦でもできる状況になれば良さげな感じの場所でした。
箸尾駅には恒例の?ロングベンチ(絶滅勝手に危惧してる...)がありました。新王寺駅にもありましたのでちょこっとオマケでアップします。
DSC0002.jpg DSC0008.jpg
田原本線撮影後、雲行きがますます怪しくなってきたのでどうしようか?と思ってると、また陽が照り出すという複雑な天気でした。ちょっと迷いながら大阪線に移動です。恒例の(そればっかり...)二上山日没シーン(松塚ー真菅の曽我川鉄橋)です。前回は2014年9月11日に真菅側から撮りましたが、奈良の日没方位は今回も276°、時刻は18:17ということなので、同じく真菅側から撮りました。
しかし、天気がもうひとつ...やきもきしてると、あっ!
DSC0079.jpg
忘れてました。この時刻はコレが来る事があるんです。モト97,98です。前回はモト77,78でしたが、今回は前回と違い、しっかり狭軌台車を積んで、南大阪線車両運搬の「お仕事中」です。6221がバッチリ写ってますね。後だけですが、うまく撮れました。
ちょっと気分良くしてると、太陽が出て来ました。(五分晴れ?)
DSC00108.jpg
まあ、今日はこんなもんです。でもよく見ると、この列車、モ1421が先頭です。通(つう)の方ならおわかりでしょうが、ちょっとウレシイ編成です。ウイ〜ン、ウイ〜ン、ウイ〜ン...
なお、今月のダイヤ改正で、鮮魚列車やしまかぜの通過時刻がかなり大きく(数分)変わってしまい、この場所ではもうすれ違わなくなりました。(ダイヤが大きく乱れた場合は除きますが)その点はちょっと残念ですね。
(おまけ)
真菅周辺を歩くと以前にもありましたが、今回もヘンなもの発見しました。どこのバスかは判別できませんでしたが、地元の自治会の集会所に使っているようです。電車を使っている例もありましたが、バスも部屋として使えるのですね。
IMG_3272.JPG
posted by 労軽好人 at 23:59| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

近鉄「つどい」による企画「スイーツ列車」見参

今日は簡単に。ついさきほど、近鉄「つどい」による企画「スイーツ列車」を目撃しました。特別な大型行き先表示板付きです。(副表示板も)
D00001.JPG D00007.JPG D00008.JPG D00015.JPG
五位堂発着の企画列車のようです。いよいよ春ですね。
posted by 労軽好人 at 13:50| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする