2017年08月25日

関西本線、三岐鉄道撮影記〜DD51最後の砦

昨日(2017.8.24)、関西本線のDD51と三岐鉄道のEL等を撮影しました。
昨年もDD51撮影に訪れているのですが、今回は少し目的を変えての撮影です。
まずは、関西本線の富田駅で三岐鉄道で運ばれてきた貨物を牽引する機関車の付け替え作業です。
DSC00051.JPG IMG_5334.JPGIMG_5343.JPG 
富田駅(無人)には、今となってはレトロな(関西本線にはよくあるタイプ)跨線橋があるのですが、そこから入換の見物や撮影が可能です。
IMG_5346.JPG
(これは別の列車です。跨線橋を端まで撮るために写しました。)
一旦機回しで下がってきた三岐鉄道のELは、あらかじめ待機しているJRのDD51と並びます。眩しい?ツーショットです。閑散として静かな駅に、吊り掛けモーター音とエンジン音が入り混じる、ファンにはたまらない空間がここにはあります。
DSC00059.JPG
付け替えが完了した列車はこのようにヘッドライトを点灯して出発を持ちます。(これは踏切内からの撮影です。)午前中からのあまりの暑さでした。ご覧のようにポイントを入念にチェックされていました。
このあと撮影を中断して名古屋まで行き、「リニア・鉄道館」へ。富士フィルム50,000人の写真展やドクターイエローの特別展がされていました。
DSC00120.JPG
しかし、私的には?この写真。エントランスでのインパクトのある展示であるC6217をどう撮るか?が、前回訪問時の課題でした。
DSC00092.JPG
ちょっと、いいでしょ?
夕刻はまた、四日市方面に戻って、塩浜貨物線でDD51重連の撮影!のはずだったんですが、実はアクシデント。
富田で撮影中に足を強打し、歩くのが苦痛になっていました。これくらい大したことないと思ってたのですが、カメラバッグと三脚を持っての行動ではいざというときに失敗します。名古屋駅での階段で急ぐことができず、乗り遅れ!?重連撮影ができなくなりました。というか、本当は関西本線上で撮れるのですが、こんな時は気力が失せて臨機応変が効かなくなります。(暑いしね...)次の快速で追っかけたら途中ですれ違ってしまった....
しかし、気を取り直してJR四日市へ。入れ替え作業のDE10とDD51のコラボ?を撮影。
DSC00158.JPG
DSC00162.JPG DSC00177.JPG
これはこれでいつ見れなくなるかわからない大事なシーン。最後の写真の列車は、本来は今年入ったDD51置き換え用のDF200での運用なのですが、まだ本格利用には至っていません。夕陽を浴びてなぜかDD51型機関車が楽しげに?見えました。(後ろからDE10が横目で応援してる??)(ように私には見える)
みなさん、怪我などされないように。どうぞ注意して撮影を。
posted by 労軽好人 at 17:20| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: