2017年02月09日

叡山電鉄鞍馬線撮影期〜墨絵の銀世界

めっきり寒くなりました。そして京都に雪の予報。これは行くしかありません...
ということで、叡山電鉄鞍馬線に行ってきました。予報どおりの雪が京都市内中心部でも降っていました。でも積もってない。これはハズレか!?と、出町柳駅に京阪電車で降り立ったときには思ったのですが、多分、山の方ではもっと降ってるに違いないと経験的に楽観視しました。
その結果は?やはり予想どおりでした。市原付近まではほとんど降ってはいても積もってなかった雪も、二ノ瀬、貴船口、鞍馬と上がって行くにつれて激しくなります。順にご覧いただきましょう。
まずは二ノ瀬ー貴船口のカーブ。ここは以前に大雪のあとの雪晴れに行っただけに、その好印象があるため期待したのですが、このとおり。ちょっと物足りませんでした。
DSC00009.JPG
でも若干は墨絵風ですね...
次は貴船口の手前、朱色の欄干の橋付近からのショット。
DSC00039.JPG
やや露出オーバー目に撮ると、いい感じが出ます。通い慣れたエイデン。こんな時はテクニックでカバー?しましょう。
貴船口駅付近での撮影が良く見かけられますよね。特に、鞍馬駅側は秋の定番でよく見かけます。
しかし今回は墨絵風がテーマでしたので(いつのまにかテーマになった)、どうも障害物が多い貴船口の付近では思ったように撮れません。二ノ瀬から歩いてきた私はさらに徒歩で鞍馬に向いました。
雪がどんどん強くなる中、ちょうど駅間の真ん中あたりで地面が白くなって、背景も見事なところがありました。
DSC00116.JPG
ここは今回ベストでした。綺麗ですね。
posted by 労軽好人 at 23:59| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。この冬は本当に寒いですね。
「寒い」「雪」となれば、休みは家に籠っているのがベストと考えてしまう私には、雪の中を撮影スポットを求めて歩こうとする労軽好人氏の行動力は、驚嘆ものです。
Posted by s.sasaki at 2017年02月12日 10:36
s.sasakiさん、ありがとうございます。
まあ、そうおっしゃられずに、寒くても外を歩いてみましょう!そこには美の世界がありますし、結局健康にいい。
ちなみにこの後私は、フィットネスのバーベルトレーニングに行きましたよ。
Posted by 労軽好人 at 2017年02月12日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: