2016年06月02日

関西本線、阪堺電気軌道撮影記〜またしても「あべのハルカス」夕刻

本年2月11日に日本一高いビルである「あべのハルカス」の夕刻シーン(近鉄大阪線撮影記)を初めて投稿しましたが、それ以来頭から離れない(笑)ので、5月19日には関西本線の東部市場前駅からの夕刻シーンを撮影、投稿しました。その際、「他の駅はまだ調べてませんが」と書きましたが、今日調べてきました。
まずは、加美駅、そしてすぐ近くのおおさか東線新加美駅へ向かいました。しかし...
高い壁に覆われている新加美駅ホームからは、あべのハルカスをホーム端から辛うじて見る事ができますが、遠いのと方向や近くの建物等撮影に適してるとはいえませんでした。
加美駅からはまるで見えません。仕方ないので若干のスナップをご覧ください。久宝寺側は手前の踏切含めてちょっと面白い構図になる感じでした。
DSC0012.jpg
それに比べて、平野駅では跨線橋からよく見えます。架線等がガチャガチャしてるのは仕方ありませんが、広めの構内も関係して撮りやすい場所です。一番きれいな時間は短いので注意が必要です。
DSC0113.jpg
太陽が、あべのハルカスの後ろに隠れたとたんに、このギラギラが消えました。不思議なくらい暗くなり、まるで日食です。
DSC0149.jpg
この写真は絞って撮ってますので大げさですが、2012年5月21日の金環日食を少し思い出しました。
あべのハルカス夕刻シーン、まだまだ見つけていきます。
(おまけ)
新今宮での点描。まずはタイトルのとおり、阪堺電気軌道です。
DSC046.jpg
車がいない時にさっと撮るのがポイントです。しかし、車輌やビルの広告類がこの地の雰囲気に合ってます。王将もあります。(笑)
もうひとつは、JR新今宮駅のでのスナップ。どういうわけか、線路側にカバンを持ったサラリーマンの方が多かったのでこの際撮ってみました。カバンに今日1日働いた「重み」や郷愁が感じられます。
DSC0056.jpg
posted by 労軽好人 at 23:55| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: