2016年04月07日

近鉄田原本線、大阪線、JR和歌山線撮影記〜雨中の散る桜

前回3月31日に、近鉄田原本線の箸尾ー池部の高田川鉄橋の撮影記で、「満開になれば、或いは、桜が散って花びらの渦でもできる状況になれば良さげな感じの場所でした。」と発言ましたが、今日はまさにその日でした。雨が降り、風も強く、撮影には不向きな日でしたが、そう言ってしまった手前、行かない訳にいかないと思い、確認のつもりで行ってみました。(苦笑です...)
雨に濡れ、傘がぶっ飛ぶ状況でしたが、桜の見事な絨毯ができていました。
DSC036.jpg DSC069.jpg DSC075.jpg
また、前回と見比べていただければおわかりかと思いますが、非常に増水して桜の花びらが次々に流れてくる状況です。
DSC114.jpg
天気が悪くてすばらしい写真とは言いがたいですが、この場所もやはりまた訪れたい「当り」の場所だということは確認できたと思います。
特に強い風が吹いた直後は川面の花びらが増え、その時をもっと待って撮ってみたかったのですが、今回はもうあと数ヶ所、ここの上流の近鉄南大阪線高田市ー尺土と、大阪線大和高田ー築山、そしてJR和歌山線高田ーJR五位堂の各高田川鉄橋も状況を確かめたい気持ちがあり、移動する事にしました。いずれも桜の名所です。
しかし、南大阪線は大方散ってしまってる状況で「時すでに遅し」の感があり撮影する気になれず、そのまま高田川沿いを「桜絨毯」を踏みしめながら徒歩移動し、大阪線&JR和歌山線(近接してます)まで来ました。
DSC178.jpg IMG3372.jpg
もう少し天気がよければ!というところですが、雨に濡れながらも心和む日となりました。
posted by 労軽好人 at 23:53| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: