2016年09月30日

鹿島鉄道撮影の思い出

今月は風邪気味であまり活動ができませんでした。本ブログもしばらく更新できませんでした。
なので、本ブログには「過去の撮影記」というカテゴリーを設定してますが、そこには少ししか記事を書いていないことと、茨城県に2007年まで存在した鹿島鉄道の沿線にお住いの方と最近知り合ったことから、少し思い出話を今回書こうと思います。
私は鹿島鉄道には1983年2月と1992年8月に撮影目的で訪れています。1度目の1983年はまだバブル経済前ですので、この線区の沿線はかなりのノンビリムードが漂ってました。特に霞ヶ浦の近くでは、二本のレールがあるだけで架線も電柱もない荒涼とした中を、筑波山を眺めながら古い気動車がゆっくり走っていました。車内は初めて聞く「バリバリの茨城弁」(笑)の人たちがゆったりした時間を過ごしていました。東京から比較的近いのに、かなりのローカル色豊かな線区だったという印象です。
駅名.jpg 車内.jpg
車内表示が関東鉄道鉾田線のままだったり、荷物が積まれていたり、本当にノンビリしてますね。
そしてご覧のように撮影地としては、桃浦ー常陸小川の夕陽シーンが特に素晴らしかったです。
筑波山麓.jpg 桃浦カラー.jpg 桃浦.jpg
また、この撮影を終えて帰ろうとしたその時、突如予定外の轟音が聞こえてきました。現れたのはDD901牽引の貨物列車です。
DD901.jpg
慌ててカメラを出して撮ったのですが、モノクロでしかも露出アンダー。このディーゼル機関車の魅力である車輪のロッドとカムが写ってません。しかし、私には博物館から飛び出してきたような、あのアメ車的な古い凸型ボンネットデザインと、せわしなく動く車軸を回して煙を噴き上げながら走る姿が目に焼き付いています。気動車の方もそうなんですが、当時は古典的車両がまだ各地に残ってました。
2度目の訪問は1992年8月ですが、これは予定外に突如旅費他人持ちで行けたという曰く付き?の撮影でした。車両もさすがに近代化され、沿線も様相がじわじわ変わっていた感想を持っています。
1回目の2月と違い、夏なので日没方向が筑波山の方に動きますので、アングルを変えました。浜ー玉造町のカーブ付近です。逆光で見えにくいですが、筑波山も写っています。当時は当然フイルム作品ですが、強烈な印象ですね。
浜2.jpg 浜1.jpg
バブル期を経て様相が変わりつつあると言いましたが、撮影を終えて以前に撮影した桃浦付近に行ってみると、そこは相変わらず静かな日常の世界でした。
桃浦夕刻.jpg 桃浦駅.jpg
私にとっては鹿島鉄道は美しく楽しい思い出の場所です。
(おまけ)
2度目の訪問で撮影した浜ー玉造町のカーブの上空からの写真です。国土地理院が無料提供している空中写真を引用加工しました。
(出典:国土地理院提供の空中写真 http://mapps.gsi.go.jp/)
1枚目は1994年撮影。私が撮影した時に近いです。2、3、4枚目はこの場所がどんな風に変化してきたか見ていただくためにアップしました。それぞれ、1974年、1982年、1985年の撮影です。
護岸工事や道路建設が進む姿がわかりますが、注目は浜駅裏の小さな港と水路。だんだんと埋め立てられていきますが、これぞ鹿島鉄道最大の謎を解く鍵。(!?)
実はこの浜駅から南へ分岐して鹿島神宮方面に伸ばす計画が当初あったようなのですが実現せず、鉄道会社が霞ヶ浦の舟運をここで行っていたそうです。石岡〜鉾田を直線ではなく大きくV字に結んだ妙な鉄道にはこういう経緯があったんですね。
CKT943X-C2-22-2.jpg CKT7412-C37-52-1.jpg KT822X-C4-4-1.jpg KT851X-C9-4-1.jpg
posted by 労軽好人 at 11:32| Comment(2) | 過去の撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする