2016年08月26日

四日市港の貨物線可動橋動画〜跳ね上げシーン

関西本線四日市港(四日市駅の扱い)にかかる「末広橋梁」は国指定の重要文化財に指定されています。
DD51牽引の貨物列車が来るたびに跳ね上げ式に上下させる珍しいものです。
昨日の記事でも紹介しました通り、跳ね上げシーンを撮影してきましたのでご覧いただけます。
1分足らずですが、最後にワイヤーが跳ねるのがちょっとだけ面白い?
DSC00158.JPG
*ダウンロード方式を止め、YouTubeにアップしました。
posted by 労軽好人 at 23:58| Comment(6) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

関西本線貨物線でのDD51撮影記〜可動橋と重連と

今日は中京地区に出向きました。もはや全国唯一となったDD51機関車の定期貨物列車を捉えるためです。
とりわけ、今回は四日市港の可動橋を行くセメント運搬列車と、通称塩浜線と呼ばれる四日市〜塩浜の区間を狙いました。
まず、四日市港の可動橋ですが、末広橋梁と呼ばれ、重要文化財に指定までされています。
IMG_3796.JPG DSC0186.jpg DSC0206.jpg
面白いのは、列車通過の少し前になると、職員の方が自転車でやって来られてその都度橋を警報音とともに下げられます。(上げる方も同様)
塩浜線の方は、DD51がよく似合う?非電化線区なので今回は特に重視しました。(電化している本線上が別に気に入らないのではありませんが、ローカルムードがいいですので)
DSC0112.jpg DSC144.jpg
1枚目の重連は午後でやや逆光気味ですが、近鉄海山道駅北側の跨線橋から上下とも安全に撮れます。
2枚目の方は、塩浜から四日市への途中にある橋の、少し勾配のある区間です。エンジンの唸りが聞けます。
雑誌でも最近よく紹介されていますので、あまり詳しく述べる必要もないのですが、特筆すべきは、自動車のない人への交通手段です。JRと近鉄の各四日市駅では「こにゅうどうレンタサイクル」という1日わずか120円で貸してくれるサービスを市が率先して行っているということです。ここでは近辺をマメに動かれる撮影になると思いますので、ぜひオススメです。
(おまけ)
今回ついでに名古屋へ行き、「リニア・鉄道館」にも立ち寄ってきました。あおなみ線も初乗車です。
目的は、富士フィルムの「3万人の写真展」の鉄道のある風景部門の展示を見ることです。(もちろん一般展示も見ましたが)
DSC88.jpg
私も「労軽好人」(なので名前の順序は大阪の「ろ」です。)で出品しています。よかったらご覧ください。
posted by 労軽好人 at 23:59| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする