2016年02月11日

近鉄大阪線撮影記〜俊徳道駅からのあべのハルカスを臨む夕景

「近鉄大阪線の俊徳道周辺を乗車していると、景観がすばらしい。」これは、線路が地上から高架に代わった時からずっと思っていたことです。そしてさらにここ数年はこれに新たなポイントが加わりました。阿倍野橋にある「あべのハルカス」です。
ここは、JRおおさか東線をまたぐ関係上、高架が非常に高く、周辺のビルや家を下に見る事ができます。その中に突出して見えるのが高層ビルである「あべのハルカス」です。この光景はすばらしく、密かな?人気の車窓といえます。とりわけ夕景がちょうど日没方向ですので、とても美しいです。これを前から撮りたいと思いつつできなかったのですが、2月10日、11日と好天に恵まれたので、撮影してみました。
動画は10日、静止画は11日です。

DSC0037.jpg DSC0087.jpg DSC0047.jpg
風景写真としてはすばらしいですが、鉄道写真としてはまだもの足りないですね...もう一息考えながら頑張ってみます。
posted by 労軽好人 at 23:59| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする