2015年02月06日

ゴールド免許で裸眼更新〜京阪2200系のごとくしぶとく...

昨日、自動車免許の更新に行ってきました。3年前もこの種の記事を書いたのですが、今回はその時の誓い?を果たし、無事故無違反で見事ゴールド免許(5年有効)を取得できました。しかも、心配していた視力の方もセーフ。裸眼で適正検査をパスしました。パソコン、スマホの使い過ぎなのか、年のせいなのか、最近乱視がキツくなり、モノがぼやけて見えがちなんです。一応買って作ったメガネをかけたらいいのですが正直面倒です。カメラでの方もこうなると、AF性能を重視したものがいいかもしれません。
「ああ、よかった」と安心の帰り道、門真試験場の最寄り駅の京阪古川橋で電車を待っていると、まずはロングベンチが目に入りました。
DSC01.jpg
京阪に乗るといつも気になります。ロングベンチ。(笑)
そしてやってきた列車は、いまや京阪本線最古参の2200系でした。旧き良き時代の京阪の面影?を今も残す、1964年(昭和39年)製です。
DSC17.jpg
乗車するとドアの部分のみ、つり革のアームが少しきしみながらバネで跳ね上がるように相変わらずなってました。そういえば、この頃の車両は(吊り掛け車も含めて)こんな風になっていたものがよくありました。
DSC21.jpg
目の心配をして免許更新をしている自分の姿と、ロングベンチやこの50年超え選手の京阪2200系を見ていると、まだまだしぶとく行かなくては...と思い直した一日でした。
posted by 労軽好人 at 21:25| Comment(2) | 鉄道よもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする