2013年12月31日

横浜線、東武鉄道撮影記〜京急1000系録音記も

さて、本日より恒例年末年始撮影旅行です。当初は北陸新幹線開業を控えた富山方面を考えていたのですが、悪天候のため急遽変更し、関東方面になりました。今回のモチーフは一応世界遺産登録になった富士山ですが、これまで何度も撮影してきたのでどう工夫するかがポイントでしょう。
往路の新幹線でも車内放送で新富士ー三島の絶景を案内していました。それくらい今、富士山は注目されています。
さてそれで、工夫ですが、今まで静岡、山梨からは当然撮影しやすく、よいポイントが多数あるのですが、その他というと、千葉からの海越しの富士山も撮影しました。
ということは、あとは東京、神奈川からの「街中富士山」ということになります。しかし...
結論からいいますと、やっぱり頭だけが見えてる富士山ではちょっと迫力不足です。試しに今回、新横浜から近い横浜線鴨居ー小机に行ってみたのですが、お昼を過ぎていたせいで肉眼で辛うじて見えてるだけの富士山バックの撮影になってしまいました。
DSC13.jpg
全然、見えませんね。(笑)この場所はもともと電線がどうしても富士山にカブリます。
ということで、東京、神奈川からの富士山という企画はこれのみでヤメました...
ではどうしよう?ということで、予備の第二企画?ということで、横浜まで行き、京浜急行の1000系(1次車または2次車)(または2100系)に乗車し、「ドレミファインバータ」の走行音を録ることにしました。1000系の1、2次車の判別が初めてでは難しいのですが、1、2次車は3次車以降と違い、白方向幕(黒文字)なのでよく見ると判別しやすいです。
みごとに毎回発進時に「ドレミファソラシド〜」と私には聞こえました。
そして行き先は相互乗り入れしている都営地下鉄の浅草です。東京スカイツリーをバックに東武スカイツリーラインの隅田川鉄橋の夕刻シーンを撮りました。
DSC56.jpg
何となく大阪の天満橋の雰囲気と似てるように思えます。
お後はブラブラ、大晦日の浅草や「アキバ」の雰囲気を味わいました。
明日は、静岡の富士山です。三島まで移動して宿泊しました。
posted by 労軽好人 at 22:48| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

佐用の朝霧と姫新線撮影記〜再挑戦だが...

今日は2週間前に続き、佐用の朝霧と姫新線に挑戦してきました。本来ならば、これにアイソン彗星が加わるところなのですが、ご承知のとおり世界中を期待に賑わしたこの彗星は、太陽に突入して消滅してしまいました。にわか天文ファンとしても誠に残念です。
しかしながら、大撫山展望台から撮った朝霧の中の日の出シーンは前回とはまた違い、より幻想的でした。
DSC18.jpg DSC23.jpg
今日は霧がかなり濃く、山々が見えない中で、本当に雲海の中から太陽がぽっかり浮かび上がってきました。すごく神秘的です。
そして例によって、日の出シーンを撮ると即下山。いつもの場所(播磨徳久ー三日月)での姫新線の撮影へ急いだのでしたが...
上にも書いた通り、今日は今まで訪れたなかで一番霧が濃く、いつもなら午前9時台に晴れて来る霧が全く晴れて来ません。しかも地中から水蒸気が上がって来る「けあらし」現象が全く起こりませんでした。
DSC166.jpg
霧が晴れるのを待ったところ、いつもより約1時間遅く、午前10時台になってようやく霧は上がってきました。
DSC198.jpg
まあ、これも幻想的ではありますが、「けあらし」に何度も超感動した身としては、そこそこの並写真といったところでしょうか。
まさに、写真は「あっち立ったら、こっち立たず」の一期一会だということです。トリプル感動とはなかなかいかないものですね。
posted by 労軽好人 at 18:24| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする