2013年01月02日

予讃線撮影記〜はるかな海をバックに

さて、今日は3日目。疲れも出てきていますが、がんばっていきます。
宇和島を朝に出て、向かったのは、昨夕撮影した予讃線立間ー下宇和の別アングルです。卯之町方面からクルマで回り込んで、法華津峠のてっぺんの展望台からの撮影です。今度は本当の大俯瞰です。
DSC0015.jpg 法華津峠.jpg

岩場に立っての怖さに満ちた撮影地なのですが、天気は一応良く、(ガスがかかっていますが)何とか撮影できました。ここから夕景を撮るとどうなんでしょうか?方角的には冬限定で夕陽も入るような気がします。
今日天気がよかったのは残念ながらここまで。その後、超有名な下灘駅に行きましたが、ご覧のとおりの天気でした。
下灘.jpg
レンタカーで松山に向かうとその後は正月渋滞に巻き込まれ、うんざりでした。
満員の道後温泉に入り(これも一応)本日はこれまで。帰路に向かいました。
事前の情報あるいは経験的予測がやはり当たる旅になりました。いい場所に集中するのが旅の成功の秘訣ですね。
posted by 労軽好人 at 19:30| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

土讃線、予土線、予讃線撮影記

皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
さて、昨日に続いて四国西部の撮影記であります。昨夜無理して高知県須崎市まで車を飛ばし、今日は土讃線からの始まりです。海沿いの撮影地の定番である、安和駅周辺に的を絞りました。
DSC0006.jpg DSC0016.jpg
2枚目の安和駅の俯瞰は比較的わかりやすい場所ですが、3連アーチの橋の場所は土佐新荘寄りのみかん畑の中からの撮影です。昨年の肥薩線大畑ほどではないにせよ、わかりにくい場所でした。犬に吠えられながらみかん畑の中の墓場(毎度おなじみ...)の上が目印です。(といっても行かないとわからないとは思いますが)(いや、行ってもすぐにはわからない...)
その後、予土線方面に移動したのですが、土佐くろしお鉄道との分岐点である若井ー家地川・荷稲間の川奥信号所に立寄りました。ちょうど予土線の列車が単行で来ました。真っ赤な「海洋堂ホビートレイン」です。
DSC0027.jpg
ここもかつて80年代に家地川からあてもなく仲間と徒歩で来て俯瞰撮影したことがあります。今日クルマで行ってみたのですが、木が大きくなって上から撮影はできませんでした。というか...つくづく若かったんだなと思えるほど遠かったです。
予土線では四万十川にかかる沈下橋(増水時に水没するコンクリート橋)がたくさんあるのですが、それを入れてのシーンを撮りました。
DSC0052.jpg DSC0082.jpg
1つ目は土佐大正ー土佐昭和の屋敷峠(国道381号線)から、2つ目は半家ー十川です。
そして、最後は宇和海の夕陽をバックに予讃線立間ー下宇和の大俯瞰です。
DSC0140.jpg
特急宇和海(アンパンマン列車)です。ここは昔行き残した場所です。クルマがある今だからこそ行けました。
この場所はいろいろアングルがあるのですが、夕陽を入れるなら国道のすぐ下の西寄りのみかん畑の斜面です。今日の土讃線の撮影もそうでしたが、みかん畑は急斜面です。踏ん張りながら足が痛くなります。また、入る際にひとことお声掛けしたいところです。
明日も違うアングルから朝から行こう(予定)と思っています。
ということで、クルマで走り回った撮影に今日はなりました。宇和島で宿泊します。

(オマケ)
半家.jpg
ここで昔記念撮影をしました。高校の時の某先生の似顔絵を貼付けて....ここも2度目の訪問です。

posted by 労軽好人 at 21:20| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする