2012年07月08日

伊賀鉄道860系さよなら運転

今日は伊賀鉄道860系さよなら運転に行ってきました。とうとうこの日が来ました。近鉄らしい、かわいい車両なだけに残念です。でも最後の勇士をトクと拝見することにしました。
今回の使用車両は2編成のうち、ダークグリーン色のモ862+ク762ですが、今年2月25日に、私は立命館大学鉄道研究会50周年記念列車として、マルーン色のモ863+ク763に乗車しています。これが実はマルーン車の実質的さよなら運転ではないかといわれています。(詳細は不明です。)ともあれ、形式としての最後の営業運転です。
10時〜12時に、上野市車庫で撮影とグッズ販売のイベントがありました。
DSC00001-1.jpg DSC00005-1.jpg DSC00025-1.jpg
こんな感じです。もちろん人だらけです。(といっても場所柄比較的少ない方ですが...)グッズはダークグリーン車車内で冷房を入れての販売でした。行列に並ぶのはいやなので、私は駅に行き、お気に入りの860系マルーン車のNゲージ模型を買いました。モーターなしで2200円です。あと、引退記念定規500円。
イベントの方はさっと切り上げ、撮影地に向かいました。とかく、さよなら運転は撮る場所確保が大事になるからです。なんとかあのモーターの唸りを...今回はムービーも持参です。しかし...
場所は4月12日の記事にいい雰囲気と書いた丸山駅の上林側にある鉄橋周辺にしました。かなり迷ったのですが、1往復しか運転されず、乗れば撮れず、撮れば乗れずになりますので失敗を避けて一番自分で気に入った場所に集中することにしました。(といっても他の場所が悪いわけではないですが)
往路は上野市発伊賀神戸行き、復路はその逆です。途中、この丸山と猪田道で停車する他は伊賀神戸でも乗降できません。
とにかく一発勝負は集中が大事です。でも、人が大勢やってくるイベントでは思うようになりません。周りに気を使いながらの撮影になります。できれば、モーター音を今度は車外からという思いがあったのですが...
結果は案の定モーター音よりシャッター音が...いや、というか台車とレールのきしみ音が異常なくらい大きくて目立ってました。5月10日の記事に書いたような往年の近鉄らしいモーター音が上野盆地に高らかに鳴り響く姿...というわけにはいきませんでしたね。以下に撮影順に並べておきます。前後のヘッドマーク、特に上野市側の奈良線鹿特急タイプのものはかつての輝きを思い起こしてくれます。
「さようなら運転」でした。860系さようなら。
DSC00036-1.jpg DSC00055-1.jpg DSC00042-1.jpg DSC00064-2.jpg
posted by 労軽好人 at 23:42| Comment(4) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする