2010年02月25日

東海道新幹線500系、阪急京都線撮影記(失敗編)

さて、久々の更新です。お待たせしました!?と、いっても今回はお笑い編です。というのも...
毎年のことだが、この時期は鉄道撮影意欲が薄れるのである。なぜだかよくわからないのではあるが、例年そうなる。昨年もくだらない話でお茶を濁した記憶がある。(「今のはあか〜ん!」てぇゆうやつですね...)学生時代は一年で最も鉄道写真撮影に燃えていた時期なのにね。(2月は厳冬の北海道にほぼ目一杯いました。)
ということで、何かしなくてはと思い、ラストランの東海道新幹線500系のぞみと阪急京都線6300系を撮りに行こうと突然思いつき、無計画に午後からぶらりと水無瀬か上牧あたりで兼ねて撮ることにしました。超いい加減です。すると案の定大失敗でした。
島式ホームの上牧の方が撮りやすそうに見えたものの、防護ネットが邪魔のようにも思えたので水無瀬へ。するとどちらも先客がおられてホームに撮影スペースがない。駅中をうろうろして大阪方面行きホームの京都寄りの端にわずかにスペースがあったのでここで撮ることにしました。まずはのぞみ29号です。しばらく待って来た!その時後ろからも音がしました。やばい!案の定というか、上り新幹線列車がカブってしまいました。鉄ちゃん一同「ああ〜!」です。幸か不幸か、私だけ別のホームから撮っていたので辛うじて1コマだけ撮れました。
水無瀬500系.JPG
しかしこれじゃ16両かどうかもわからない!だめだこりゃ!の結果でした。もちろん複線区間の場合これは想定されるのは当然ですが、テキトーにやるとこうなってしまう典型です。この区間で撮られる方はどうぞご注意ください。
あまりのケッタクソ悪さに大阪に戻ることにしました。というのも、もう一つの目的である阪急6300系の姿が全然見れないからです。おかしいなあ?思いつつ、十三まで戻りしばし撮影することにしました。
阪急9300系.JPG 阪急100周年.JPG
ご覧のように現在京都線では3月14日開業の摂津市駅の宣伝ヘッドマークが掲げられ、また、阪急電鉄の開業100周年記念ヘッドマークも見られるほど活気があるのではありますが、肝心の6300系が来ない!後で阪急のHPで調べたら運行時間が決まっていてたまたま私のいた時間は運転していない時間帯だったのであります。う〜ん。いい加減極まりない撮影ではこんな結果になるという典型でした。まじめにやらねばね...
来月はもうちょっと気持ちを入れ替えます。
posted by 労軽好人 at 23:48| Comment(4) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする