2009年01月02日

東海道新幹線、伊豆箱根鉄道撮影記〜日本晴れ赤富士でしめる

さて、3日目は東海道新幹線、伊豆箱根鉄道撮影記です。
昨日午後、撮影せずにロケハンしたと書きましたが、実は今日は当初東海道本線三島ー函南の有名ポイント「竹倉踏切」で特急富士はやぶさを撮るつもりでした。しかし三島二日町から徒歩約40分かけて行ったロケハンの結果ヤメにしました。(地図参照)なぜ...好きじゃないからです。そのポイントが。非常に狭い範囲に多分大勢押しかけるであろうし、2日間見てきた富士山の雄大さに比べ、いかにも「切り取り」なので気が向きませんでした。しかもここへ入る道は私道です。立ち入り禁止の看板まであります。ということで三島駅で500系新幹線を撮る事にしたのですが...
疲れがたまってきたせいか、みごと失敗しました。前の500系撮影記で書いたとおり、新幹線はローカル線と違い猛スピードです。ワイドレンズで撮ってフレームからはみだしました。(泣)従って恥ずかしいのでアップしません。(笑)しかもカメラが悪いのか、腕が悪いのかと悔やんでいると直後に特急富士はやぶさが通過するのを忘れてしまい、あわてて東海道本線のホームに向かうとちょうど目の前を通過してしまいました。(泣き笑い)ヘッドマークだけ見れました。写真は無しです。今まで順調だったのに今日はイカン!気を取り直して伊豆箱根鉄道へ向かいました。昨日ロケハン乗車した三島二日町ー大場です。

三島二日町ー大場.JPG
ごらんのとおり完璧な日本晴れです。今日も銭湯の壁タイルの日です。(笑)
3日とも天気がほぼいいなんて珍しいことです。泣いたり笑ったり忙しいですが、基本的にはついてるんだと自分に言い聞かせて次のポイント東海道新幹線新富士ー三島へ向かいました。東田子の浦駅から徒歩30分ですが、ここは鉄ちゃんでなくとも皆さんよくご存知の場所です。2年前に比べて500系人気のせいか、鉄ちゃんがかなりたくさんおられます。一般の家族連れも来られています。さながら観光スポットになりつつあります。

富士山広角.JPG
このとおり、バチィ〜!と完璧に見えてます。プリントアウトして防水加工の上ご自宅のお風呂に貼ってください。関東地方によくある銭湯の気分が味わえます!?
さて、それでお待ちかねの500系ですが、今日はラッキーなことに1往復臨時運用があります。私はまわりの方々と違い、16両500系にこだわり超広角で撮りました。もうすぐ「貴重」になります。こんな写真も...いいでしょ。
500系広角1.jpg
しかしそれにしても今日は特に全くといっていいほど曇る気配がありません。500系が終了すると帰る方が多くおられたのですが、沈みゆく夕陽を見ていると闘志が湧いてくる私です。日没までいてやろうと思ったのですが、なんとフイルム終了!デジカメバッテリー終了!大ピンチです。デジカメはスイッチを切っているとまだ何とかカラータイマー点滅ウルトラマン状態でギリギリいけそうですが、フイルムは岳南鉄道の駅方面にあるショップでネガではあるものの手に入れてきました。あわてて戻ると富士山は赤くなり、新幹線はギラギラ光りだしました。うーん、サイコー!朝の失敗のことなど吹っ飛びました。
新幹線赤富士1.jpg新幹線ギラリ1.jpg
今回の撮影旅行は2年前のリベンジと位置づけたのですが、それ以上のものはあったと思います。天気予報を踏まえてのことではあるものの天候には恵まれたと思います。しかし、失敗もあったのは事実。自分が悪いのかカメラが悪いのか、前から何回も書いているがそろそろデジカメは少なくとも中上級者向けのものにしなくては思ったとおりの撮影ができないと言い切ることができるでしょう。これはもう買い替えですね...と。
帰りの新幹線車内にて。
sbn01[1].png新幹線ギャラリー
posted by 労軽好人 at 20:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

御殿場線撮影記〜元旦快晴赤富士

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さて、元旦早々昨日に引き続き鉄道写真撮影です。今日は御殿場線です。
行く年来る年も見ずに早く寝てまで今日も張り切って5時起きです。昨日と同じ御殿場ー足柄へ暗い中、歩いていきました。狙いは初日の出を浴びた赤富士をバックにした御殿場線です。歩いていると薄っすらと富士山が見えてきました。間違いなく快晴です。昨日と同じく寒い!でも好きでやってるのだから誰にも文句を言えないし、その代わりに得られる成果のすばらしさがあるから辛抱できるんです。撮影ポイントに到着するとなんと真っ暗な中、先客がすでにおられた。さすが人気ポイントです。
時間の経過と共に雲ひとつない富士山がだんだんと見えてくるのは感動物です。東の空が明るくなって来ると富士山頂上の雪の部分がじんわり赤くなってきて一番赤い富士山バックの写真がこれです。
御殿場赤富士.JPG
地上部分にはまだ陽が射していませんが見事な赤富士です。これはすぐ後に山があるせいですが、太陽が出てきて地表が明るくなったとたん富士山の赤みはスッと消えました。その素早さも感動ものですが、やはりシャッターチャンスは短いものだということもあらためて思いました。
明るくなってからの特急「あさぎり」の写真がこちらです。列車や富士山が白トビしがちなのでアンダー補正がいると思います。
御殿場あさぎり.JPG
まるで銭湯のタイルの絵みたいでしょ...(笑)キレイ過ぎると思います。
昨日に引き続き高い満足感を寒さ、眠さと引き換えに得られて余裕で移動しました。南へ下がって岩波ー富士岡のポイントです。

少し道がわかりにくいところではありましたが、他に鉄ちゃんが何人もおられましたので何とか到着。撮れました。
岩波ー富士岡.JPG
しかし...どんどん富士山のてっぺんだけ雲が増えてきました。これがむしろ普通なのですがやっぱりモチベーションが落ちます。私は午前中でさっと引き上げました。今日の撮影はここまでです。
...で、その後どうしたか?ですが、三島まで行き宿をとったあと、明日の予定地をロケハンしに行きました。ですが...このあとのことは明日の撮影結果とともにお知らせしたいと思います。この記事を書いている時点でまだ迷ってますので...
以上今日の宿の三島からお送りしました。
posted by 労軽好人 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする