2019年11月01日

京都鉄道博物館〜写真展、企画展、そしてホンモノSL

昨日、京都鉄道博物館へ行ってきました。昨年同様、「富士フィルム50,000人の写真展」出品を見るためです。
今回初めて、梅小路京都西駅を利用しました。
IMG_9895.JPG IMG_9903.JPG
私自身も出品しており、今回は11月3日までとなっております。
ここ京都鉄博は、毎回訪れた時に思うのですが、各展示物の「濃度が濃い」(笑)。したがっていつも時間が足りないと感じます。
こんなことをいつも思うのに、早い時間にわかっていて来れない自分が情けない...
今回は、企画展として、「列車愛称進化論」なる展示がされてました。目玉は大量の特急、急行等のヘッドマーク類。これでもかと言わんばかりに展示されていました。しかも全部貴重!あんまり多いので少しだけお出ししますが、ご覧になりたい方はぜひ行ってみてください。
IMG_9909.JPG IMG_9900.JPG IMG_9969.JPG IMG_9956.JPG IMG_9961.JPG
まだまだありますが、このへんで...
展示スペースの都合で見にくい、撮りにくいものがあるのがやや不満ではありましたが、圧倒されます。
さてそれで、前回の昨年も言いましたが、C62 2に構内運転をするための火が入っています。昨年はそのための試運転だったんですね。
圧巻は16:00からの最後の運転。天気の良い日はギラギラの夕陽がプレート類に金色に反射します。
DSC00012.JPG DSC0093.jpg
スワローエンゼルのこの姿、ワクワクしませんか!?動画で音も聴いてください。行きたくなります。(笑)

昨年は閉館まで粘るべきと言いましたが、今年も結局、暗くなってきて蛍の光のメロディーを聞きながらこんなショットが撮れました。
IMG_0019.jpg DSC0156.jpg
ハロウインの夜の怪しげな三日月が、B20とコラボ。なんともいえない静かな喜びを感じます。
posted by 労軽好人 at 17:25| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

近鉄大阪線撮影記〜鮮魚列車2680系に大型行先標示板復活!?

近鉄大阪線の鮮魚列車は、知る人ぞ知る列車ですが、最近注目を集めています。
私も何度か投稿しましたが、特に、2680系検査時には2610系を使っての代走運転を実施するため、(一番最近は今年6月)大型行先表示板が復活します。
しかし、今回は少し...いや、かなり違います。2680系に「前サボ」復活です!?えっ?何で??有名になったからサービス?
一瞬私もそう思いましたが、これが大阪方のみで伊勢方は変わらず方向幕なので違います。片方(大阪方)が9月24日から故障したようです。
DSC00011.JPG DSC00033.JPG DSC00081.JPG
それにしても、マルーンにこの「大型前サボ」は、似合います。私などは嬉しくなってしまいます。(乗務員さんは面倒でしょうけど)
ちなみに、回送もこのとおり、副標で表示されます。
DSC00001.JPG
これも何か、懐かしくて嬉しい私です。
いっその事、ずっと前後ともこれで行ってほしいものです。撮影者もかなり集まって来てますしね。
posted by 労軽好人 at 22:59| Comment(0) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

近鉄南大阪線撮影記〜夕刻の「逆さ二上山」を行く

今日は、昨日撮影になりますが、今年の4月にご紹介した、近鉄南大阪線二上神社口ー当麻寺の撮影記です。
その時も申しましたが、近鉄の公式HPやポスターでも使用されていた、沿線の池に二上山が逆さに映るシーンを狙いに行きました。
なぜ今日か?と申しますと、理由はこの通りです。
IMG_9704.jpg
この千股池という池は二上山から真東にあります。したがって今頃は二上山日没と近鉄南大阪線がここから撮れるはず...と思ったのですが、このとおり山が近過ぎることもあって、日差しが強い(ほぼ快晴)ため日没中のいい写真は撮れませんでした。
DSC00098.JPG
こんな感じですね。強烈過ぎました。薄曇りなら違った結果になった可能性はあります。
ちなみに、この日の奈良の日没時刻と方位は、17:59、272°ですが、こちらの撮影時刻は、17:14です。
しかしながら、諦めるのはまだ早い!日が沈んだ途端に、ネイチャーフォトグラファーのみなさんが続々いらっしゃいました。どうやらここからが本番らしいです。
DSC00232.JPG DSC00221.JPG
1枚目はあえてデジタル補正せずに列車を入れたもの、2枚目は列車なしで最も「逆さ二上山」が綺麗に撮れたものです。
なんとも言い難いですね。(笑)今後の研究課題です。
なお、スマホで撮った動画があります。周りに撮影者が多いのでシャッター音が入ってますが、列車は見やすいですのでご覧ください。
posted by 労軽好人 at 00:20| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

近鉄新型名阪特急「ひのとり」シートキャラバン

来年3月にデビューする、近鉄新型名阪特急「ひのとり」のプレミアムシートの展示体験会の「シートキャラバン」が現在大阪上本町駅1階コンコースで実施されてますので、行ってきました。
IMG_9664.JPG IMG_9671.JPG
外観は鮮やかなレッドを基調とした派手なものになりますが、シートはプレミアム、レギュラーともシンプルにいいものという印象です。
IMG_9669.JPG IMG_9667.JPG IMG_9662.JPG
展示体験はプレミアムシートのみですが、座った感想は、マッサージチェアーを連想するかな?というところです。マッサージ機能はないものの(あってくれてもいいが)(笑)先日ご紹介したモケット生地ではないので、シートヒーターは冬季にはいいかもと思えます。また、背もたれ、足置きは電動リクライニングになっており、なおさらマッサージチェアー(!?)をイメージします。後方の人に圧迫感がないバックシェル構造になっていることから、これは決して悪口ではなく、座り心地のよさ、快適さを追求した結果こうなったのだと思いました。
名阪特急は対伊勢志摩行き特急とは違い、新幹線より安くて快適が売りだと思いますので、現行アーバンライナーDXから妥当な進化かと思えます。
ビスタカー登場以前の昔から、シートラジオなど、国鉄・JRに対抗してよりサービス面で対抗してきたこの名阪特急に今後も期待です。
プラスして、この派手な外観も撮影映えしますので期待大ですね。
posted by 労軽好人 at 17:17| Comment(2) | 鉄道よもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

和歌山線撮影記〜ひまわり園、スイッチバック跡、五新線建設跡めぐり

昨日8月1日、JR和歌山線の撮影などに行ってきました。遅くなりましたがご報告です。
まず、この炎天下に撮影でしたので、対策は万全に。帽子、飲み物、できたら日焼け止めも必要な方はおられるでしょう。
しかし実に暑かったです。午前中から滝の汗。(笑)
その午前中ですが、大和二見ー隅田にある、五條市上野公園ひまわり園に行きました。ここは車の場合8:30から駐車場が開きます。自販機、トイレもあります。ひまわり園自体はそれよりも先に入れますので、暑さを避けるなら順光かつまだ涼しい?早朝がおすすめです。私は車で今回は行きましたので、8:30前くらいからスタートでした。
DSC0024.jpgDSC0127.jpgDSC0006.jpg
3枚ほど105系ECの姿をお出ししましたが、1枚目のようなオーソドックスもよし、それ以外のひまわり中心もよしです。
3枚目の写真がウケがいいですけどね...左から風が吹いてるみたいで。(実際は無風の炎天下)
いずれにせよ、今秋までの105系です。鮮やかなブルーとのコントラストの最後の姿を残したいものですね。
五條で昼食のあとは先に五新線(五新鉄道)の建設断念跡?を見てきました。
市内西側の国道24号線をまたいで、目立ったコンクリートがあります。
DSC0174.JPGDSC0175.JPG
なんとも異様な雰囲気です。また、新町通りという町屋の景観保存地区の真ん中にもこのとおり。
DSC0180.JPG
ちょっと、台無しじゃない??という気がしますが、ここは吉野川の手前で鉄橋を作らずにここまでは作ったという遺構でしょうね。
新町通りに散策に来た人のためか、プレートがありました。
IMG_9569.JPG
このプレートにはまだ、路線バスの専用道路に使われてると書かれてますが、もうそれも2014年に終了しました。
その路線バス専用線跡も途中の生子までですが、見てきました。
DSC0182.JPGDSC0186.JPG
国道168号線の野原西6丁目信号の少し南に分岐点があります。道路ではなく市有地なので通ってはだめということです。
さらに行くと、一般の道路との交差点には遺構が。
DSC0190.JPGDSC0192.JPG
踏切のようなものが残っています。遮断機まで...
生子地区には国道から立派な橋が見えました。
DSC0198.JPG
この先には行ってませんが、これらを見てると高度経済成長期の夢の跡という気がしました。それにしてもなぜここだけこんな中途半端な建設がなされたのか不思議です。
このあとは北宇智駅へ。この駅は両側急勾配のため2007年までスイッチバック駅でしたが、それも今は昔。遺構が残ってますので見てきました。
IMG_9591.JPGIMG_9595.JPGIMG_9600.JPGIMG_9608.JPGIMG_9604.JPGIMG_9588.JPG
スイッチバック施設もそうですが、特に最後写真の改札からホームに上がる坂の白線がリアルな気がしました。ローカル駅でよくこういうのがありますね。
posted by 労軽好人 at 18:28| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする