2020年06月26日

叡山電鉄撮影記〜緑美しい八瀬をD7100とiPhoneXSで撮る

前記事でニコンD7100を手に入れたとお伝えしましたが、早速お試し撮影に昨日行って来ました。
これまで秋の紅葉や冬の雪景色の撮影を中心にしてきた叡山電鉄ですが、ここ数年は秋の紅葉が今ひとつ美しさに欠けるように、1980年代前半から何十年と見て来た私には思えます。地球温暖化のせいかわかりませんが、昔は11月上旬が紅葉の盛りだったのが、だんだんと遅くなり、今では12月になって来ています。しかもいつまでも夏のように暖かく十分に紅葉しないまま冬になるような始末。私自身もいつのまにか秋の叡山電鉄から足が遠のいていました。叡電もそれはわかってるようで、きららのグリーン塗装車に見られるように、緑の季節の集客も重視してるように思えます。
そんな中、八瀬の新緑が美しいという話をお聞きしていたので、昨日行ってきました。ただ、時間がなかったので八瀬比叡山口駅のみです。
DSC0036.jpg DSC0039.jpg DSC0031.jpg
ちょうど「HIEI」が来たので、乗車して八瀬比叡山口まで行きました。ユニークな外見からちょっと街中では違和感ありと思えていましたが、この駅のこの雰囲気になぜかぴったりフィットしているように思います。違和感より妙な調和すら感じます。なにか、かっちりと緑のなかに緑でハマッてる感じ。建物と合う楕円形デザインも、この駅の部品?のようにすら見えます。
背後の木々の緑が美しいので、これが写真的にはテーマと感じ、どうまとめるかが課題。ピカピカの車体は反射もキツくある意味撮りにくい中、これを逆手に取ってみようと、正面のガラスに映るシーンを撮ってみました。
IMG_1721.JPG IMG_1724.JPG IMG_1719.JPG
これらはiPhoneXSでの撮影ですが、これもいいですね。
さらに次の列車の入線をD7100で撮ってみました。こちらも建物の奥のグリーンが綺麗です。
DSC0074.JPG DSC_0095.JPG
一つ手前の三宅八幡駅との間も、木々のグリーンや雨上がりのシーンが美しく撮りたかったですが、それは次回とします。
望遠レンズや連写のチェックもしたいものです。
posted by 労軽好人 at 22:24| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニコンD7100を手に入れた

緊急事態宣言があけ、都道府県境越えの移動も解禁されて、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
早く何も心配ない世の中になってほしいものです。
さて、今回は久々の機材論ですが、そこまで大げさなものでもないので、さらっといきましょう。
ニコンのD7100を手に入れました。(レンズは以前からあるものです)
IMG_1767.JPG IMG_1765.JPG IMG_1766.JPG IMG_1764.JPG IMG_1763.JPG
2013年登場のこのカメラを、仕事での必要から中古で手に入れたのですが、デビュー当時は前身のD7000あたりから鉄道写真を結構前面に出して宣伝していたためか、「欲しいな」と思える機種でした。
いわゆるAPS-Cセンサーの中級機種ですが、当時はまだまだ2000万画素クラスは上級という中、中級もだんだん高画素化しだしたものでした。
この機種は6000x4000pix.の2400万画素、そして毎秒約6コマと今の水準では何も目立たないどころか、初級機種でもこの水準になってきています。なので、ミラーレス全盛になってきている中、最新機種を遅れて楽しむ感覚です。
実際のお試し撮影は次の記事をご覧ください。
posted by 労軽好人 at 20:55| Comment(0) | カメラ・レンズ・機材論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

関西本線、近鉄名古屋線撮影記〜DD51と水鏡映える青空

緊急事態宣言が全国解除となった今、皆様はどうお過ごしでしょうか?こんなに気候良く、もう我慢ならん!という方も多いと思います。
私もそうで、早速昨日、久々に都道府県越境撮影に出かけました。人のいない場所に行って「三密」にならずに楽しむのですから、むしろ時代に合った楽しみ方として堂々としたいものです。
さて、それで昨日は、愛知、三重の両県で、関西本線、近鉄名古屋線撮影です。毎度おなじみ終焉間近といわれるDD51をメインに、近鉄もという当初スタンスだったんですが...いい方に裏切られました。
まずは、関西本線永和駅昨年6月6日に訪れたもののDD51貨物列車は来ずに帰った経緯があったのですが、今回リベンジしました。
DSC0093.jpg DSC0136.jpg
ローカルムード満点ですね。陽炎が揺らいでいます。
この後どうするか迷ったんですが、徒歩では遠そうだからと一度も行ってない、桑名の北側に展開するJR、近鉄並走の大カーブへ行ってみました。
これが大清快!?まるで小海線小渕沢の大カーブを思い出すような爽快感が味わえました。駅からこのカーブの南端までなら徒歩20分くらいでした。思ったよりそんなに遠くはありません。
DSC0246.jpg DSC0281.jpg DSC0333.jpg DSC0519.jpg DSC0547.jpg
いかがでしょうか?爽快でしょ!水鏡はあまり撮ったことないのですが、奥が深いです。PLフィルターを使うとこのように異次元の美しさ?を味わえるのですが、露出が難しく、後補正が必要です。また、車体の色との相性はもちろんあります。アーバンライナーの白や、近鉄伝統特急色のオレンジは特に相性いいですね。(ひのとりの赤が悪いというわけではありません。より一層の勉強をします。)ここだけで800枚も撮ってしまいました!
ただし、JR関西本線は外側なのでやや撮りにくいのですが、それにも増して、頻繁に列車が来るという被りのリスクがあります。
このDD51貨物の写真、2080列車ですが、対向の近鉄が右端に見えてます。またその後ろにJRの対向列車も付いてきています。W被り!?要注意です。
被るといえば、次の関西本線朝日ー富田のDD51+DF200の重連貨物も対向のDD51貨物が被る恐れありと昨年お伝えしましたが、今回も行きました。前回は正面がちですが、今回はサイドがちで狙いました。しかし...まさかの単機!?一同ガッカリ。(笑)そして例によって、一同回れ右。(笑その2)
DSC0633.jpg
とはいえ、このあと真横へ向かうとギラリ。いい写真が撮れました。
DSC0761.jpg
最後は、JR四日市で夕暮れのDD51貨物。この時期だけ撮れます。
DSC0840.jpg
撮影後はひのとりプレミアムシートで帰ったのは言うまでもありません。
訪れた街が寂しいのが気になりましたが、私的にはこの間の鬱憤を晴らすいい撮影になりました。
元気になりたいですね。
posted by 労軽好人 at 16:51| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

自宅で弾き鉄!?、解除で撮り鉄!!〜近鉄大阪線Wビスタ撮影記

みなさま、このコロナ禍いかがお過ごしでしょうか?
本日、関西では緊急事態宣言が解除されましたが、この数ヶ月、多くの方が苦しんだり、ストレス満開になったりと、つまらないと感じておられると思います。こんな状態を年始に想像できたでしょうか。全くもって長く生きていても世の中わからないものです。
こんな時に鉄道写真撮影などという趣味に興じることが、不謹慎という空気もあろうかと思います。これを成功のための一時の辛抱ととらえるか、戦時中の言論統制にたとえるか、議論の別れるところですが、みんなの願いはひとつ、早く完全終息に至ることだと思います。
さて、そんな中、私は羽を奪われた鳥のように?撮影ができない日々でした。こんなに気候がいいのに!
でも、ちょっとは独自の「巣ごもり鉄」というものを考えました。まあ、写真撮影者なら、フイルムの整理、デジタル化などが浮かびますが、それだけでは面白くない(そんなことはないか...)ので、音鉄しました。音鉄といっても「録音と聴き鉄」ではありません。自宅で「弾き鉄」です。
iPhoneで頭に浮かぶ鉄道音を弾いてみるという試み!?です。中高年の頭の体操としてはいいのでは?と思います。
比較的出来のいいのをUPしました。(当然音が出ます。お気をつけください。)
   
いかがでしょうか?鉄ちゃんならおわかりですね!楽しみ方って工夫次第でいろいろありますね。
と、まあ、この間の我慢鉄?はさておき、本日は緊急事態宣言が解除されるや否や、ちょっと撮影に行ってきました。
近鉄大阪線河内国分ー安堂の大和川鉄橋です。例によって二上山バックのWビスタカー(ビスタ重連)です。
DSC0013.jpg
前回も言いましたが、ビスタカーは幼い頃からの憧れ、やっぱりハマってます。
posted by 労軽好人 at 22:59| Comment(2) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

春だ!近鉄橿原線、大阪線撮影記〜桜菜の花二上山、ひのとりアーバンISLスナックWビスタ

長いタイトルをすいません。こう、気分がさえないと、派手にいかなくては!と思いましたので。
桜満開というのに、新型コロナウイルス肺炎の恐怖が世界を覆い、少しも楽しくない、こんな春は初めてです。
しかし、2011年の時も触れましたが、今回は自粛はしても萎縮はしたくありません。濃厚接触のない、人のいない場所に昨日出かけて淡々と撮影しました。
まずは、多分初乗りの近鉄天理線で天理へ。駅前にD51とオハ61が屋根ありで保存されてます。
IMG_1079.JPG IMG_1084.JPG
柵があり、中を見づらいのですが、大事に保存されてる印象でした。オハ61なんて、中を見たいですけどね。
すぐに乗車して、橿原線のファミリー公園前へ。途中の乗り換え駅平端で少し撮影。天理線ホームが橿原線から離れています。なので分岐シーンはちょっと見応え?あります。
DSC0008.jpg
大げさかな...
ファミリー公園前駅からは、桜を入れて撮影できます。らくらく撮影地です。大風が吹いたら、さぞかし遠山の金さん並の...と思いました。
DSC0044.JPG DSC0051.jpg
平端側から、スナックカーが来ました。スナックコーナーがなくなってもスナックカーと呼んでしまうのは私だけでしょうか?
「吉野連絡」の副標がいいですね。背後に天理線の土手が見えてます。
この後は大阪線の毎度おなじみ?松塚へ移動。その前に大和八木でしばし撮影。なかなか楽しい駅です。
DSC0152.jpg DSC0122.jpg
さて、次はやっと本命の大阪線松塚です。二上山日没シーンで何度も訪れましたが、今回もダイヤ改正でかなり状況が変わりましたので夕方に行ってみることにしました。すると、着くといきなり、モトが来た!
DSC0169.jpg
日没時間帯じゃなかったの!?改正で変わったようです。16時ごろ通過です。
これはいつもの駅南側から大和高田方の撮影ですが、振り返って真菅方は菜の花が美しかったです。
DSC0300.jpg IMG_1107.jpg
ひのとりは、今まで一度も行ってない大和高田側の葛城川の土手の踏切から前後を撮ってみました。大和高田市街地が入りますのでシャッターチャンスでなんとかしました。
DSC0223.jpg DSC0229.jpg
そしてもう一度駅南側に戻り、日没シーン。今回一番美しかったのはアーバンライナーのこちら。
DSC0398.jpg
奈良の日没方位は277°、時刻は18:18ですが、この時はまだ18時になってません。なので次の特急は名張から増結で来る大阪難波行きWビスタカー!(ビスタ重連ともいう)コンプリートを期待したのですが、残念。日没時刻前に列車は来たのに、太陽は二上山に隠れてしまいました。
DSC440.jpg
なかなかうまくいかぬものです。しかしこの姿、2代目ビスタ10100系のさよなら三重連(V9)を思いだす方もおられるでしょう。
私なんかはかすかな記憶である、初代ビスタ10000系7連を少し思い出せます。それくらい威風堂々としています。
日没時にもう来なくなった鮮魚列車に代わって、Wビスタにはまりそうです。
posted by 労軽好人 at 21:22| Comment(4) | 鉄道写真撮影記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする